ハコノナカミ

幼女型猫怪人4コマ「プニクロ」連載中!
w01-48.gif
作品リストをまとめたバックナンバーは、上のクロのテコテコアイコンをクリック!

2007年09月21日

携帯電話用電子書籍版「今日の早川さん」ご紹介

やぁ、みんな!今日も仕事や授業をさぼってブラウジングに勤しんでいるかな?
今日は「今日の早川さん」の紹介だ!

え?もう知ってるって?
そりゃそうだ、発売後10日目にして2回目の重版がかかるほどの人気振り。それにこのブログを見てて「今日の早川さん」を知らないってのはモグリだね(笑)

「今日の早川さん」…元々『coco's bloblog』内で連載されているコンテンツ。4コママンガの形態を機軸に、エッセイも交えた形で描く、「早川さん」をはじめとする偏執的読書狂いの女性達の愉快な日常。それがこともあろうに株式会社早川書房から出版されたわけだ!

だが、今日はそのことじゃぁない。

「もう一つの『早川さん』」、そう、携帯電話用電子書籍版「今日の早川さん」だ!
え?何だって?それって、ブログや書籍版と一緒なんじゃないかって?
何々?書籍版は大幅に加筆修正があるし別格だけど?ブログでも本でも観られるモノをわざわざお金出して携帯で観る必要があるのかって?

どうやら、まだまだ認識が甘いようだね。うむうむ、甘い甘い、それはもう金平糖のように甘いぞ!

携帯電話用電子書籍版「今日の早川さん」は、ただの電子書籍ではないのだ。
電子書籍とは、情報端末(主に専用機を含むモバイル端末)用に作成された書籍コンテンツ。書籍をデータ化したものであり、通常、ボタンを押す事でページをめくっていく。データでの取り扱いである事から、携帯性汎用性保存性に優れているコンテンツといえる。

だが、「早川さん」についてはそれだけではない。

元々が紙媒体の物ではない事もあってか、書籍版とは違った独自の形で作品を再構成している。すでにそれはインタラクティブコンテンツとして十分成り立っていると言える。
その様相は、むしろ動画のそれに近い。端末操作者が自らのタイミングでボタンを押し、画面をめくっていくことで、頭の中でスムーズにイメージが動いていく。当然、「早川さん」の肝の一つである文章での解説注釈(またはウンチク・ツッコミ)も、一番良いタイミング(作成者が意図するタイミング)で挿入され、またセリフも発言順に挿入されていく為、活字やマンガを読む事に慣れていない書籍読解未熟者(注釈等の効率的な順番での読み方がわからない・マンガのセリフやコマの見ていく順番がわからないetcetc……暗黙の了解であるセオリーがわからない為、優れた作品を自らの中で一番良い状態で再構成することができない者)でも、難なく最高の状態(作成者が意図する順序・タイミング+操作者の読解力に適したタイミング)で作品を楽しむ事ができるのである。
更に、今や老若男女ほとんどの人物が所持している通信情報端末である「携帯電話」を媒体とする事により、誰でも容易に手に入れる事が出来る。また、携帯電話の振動通知機能と連動させる事により、より臨場感のある効果を生み出す事に成功している。

『「本読み」の話を書籍で出す』というおもしろさは確かに存在し、「本読み」である作者が「本読み」のキャラクターを描いた(そして「本読み」の閲覧者が最も楽しむ事が出来る)この「今日の早川さん」という作品にとって、書籍として世に出ると言う事が、おそらく最高の状態であることは確かな事である。
しかし、真性の「本読み」でない私は、万人が楽しむ事ができる可能性を持った最も優れたコンテンツに仕上がっているのは、今日ご紹介した携帯電話用電子書籍版であると、あえて断言しよう。
……ただ万人が楽しむ事が出来ることを「可能性」としてしか示唆できないのは、残念ながら未だ現在の時点では、電子書籍というもの、そして更にそれを携帯電話で活用するということの普及率が、それほど上がっていないという事であるが。


その最強コンテンツ(独自格付け)携帯電話用電子書籍版「今日の早川さん」のvol.6が、今週水曜日に配信されておりました。
今回のラインナップは
・報復
・詰めが甘い
・爪痕
・マンティス
の4本です。
今回は、「今日の早川さん」の中でのメインの見所の一つとも言える、“SF者”早川さんと“ホラー者”帆掛さんとの「楽しい」やりとり。宿敵にして親友、強敵とかいて「とも」と呼ぶ、トムとジェリー(仲良くケンカしな)、そんな感じがしてならない。

アクセス方法は以下のとおり。
【アクセス方法】

docomo:メニュー/検索→コミック/書籍→写真集→ポニーキャニオンフォト&ブックス

au:EZトップメニュー→カテゴリで探す→電子書籍・コミック・写真集→写真集→ポニーキャニオン フォト&ブックス

SoftBank:メニューリスト→書籍・コミック・写真集→電子写真集→PC フォト&ブックス
現在、無料体験版のvol.0をはじめとし、vol.1から6まで配信されています。一つにつき4〜5つの話が入ってなんと税込み52円でのご提供となっております。
まだ「早川さん」を見たことの無い方は勿論のこと、『coco's bloblog』にかよってる!本買った!という方も、是非お試しください。きっと違った楽しさが見えてきます。

『今日の早川さん』が読めるのは『coco's bloblog』と早川書房(Hayakawa Online)とポニーキャニオンだけ!
20070525165532.gif
ハコノナカミは『今日の早川さん』を応援しております。
posted by JUSTIZ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(1) | めもめも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56433438
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

携帯電話
Excerpt: 携帯電話用電子書籍版「今日の早川さん」ご紹介更に、今や老若男女ほとんどの人物が所持している通信情報端末である「携帯電話」を媒体とする事により、誰でも容易に手に入れる事が出来る。また、携帯電話の振動通知..
Weblog: 芸能人壁紙
Tracked: 2007-09-21 14:57