ハコノナカミ

幼女型猫怪人4コマ「プニクロ」連載中!
w01-48.gif
作品リストをまとめたバックナンバーは、上のクロのテコテコアイコンをクリック!

2007年05月06日

今日から復帰します

rakugaki31.jpg

お久しぶりです。ハコノナカミ制作・著作JUSTIZこと、ゆーすです。


まずは約一週間に渡る無予告消失、お詫び申し上げます。

特に、うんともすんとも言わず姿を眩ませた私を心配して、ないし気になって、何も存在しないこの地を訪れていた皆様には、本当に申し訳ないと思っております。
本来であれば、個別にお詫びとお礼をというのが筋なのでありましょうが、何分何方が顔を出してくれていたのかもわからない状態でありすので、この場をお借りしての挨拶で、勘弁していただきたいと思います。


さて、今このハコノナカミを見ていただければご理解いただけると思うのですが、私このまま店を畳むつもりはございません。
この度のハコナカ消失のきっかけともなった、とある出来事があるのですが、それはそのまま、暫くぼやけてしまっていた私自身のスタンス・目的・目標等といったものが顕在化する契機ともなりました。

とはいえ、何をどうやっていくのが一番いいことなのか、まだよくわからないんですけどね。
今はこのハコノナカミでやりたいことを力一杯やってみようかと思っています。


思えば長い間、何かしらの所為にして「出来ない理由」を作っていたような気がします。
消失前も開店休業のような状態が続いていましたが、今日から活動復帰ということで。



皆様、これからもよろしくお願いいたします。


ここから先は、自分の為に刻んでおきたい蛇足。
見ないように(笑)



















































見ないでって言ったのに……
とりあえず、見ても気にとめないでくださいね。


この一週間、件の「きっかけ」となった事柄の他にも、私を苛む大小の出来事が、不思議なくらい立て続けに起こりました。
いろんな事が在ったような気がするんですが、実のところ最早よく覚えてません。
はっきりしているのは、それらが「きっかけ」の事案による不安定な心情を、更なる淵へと引きずり込んだ事と、その暗闇の底で見つけた「大事なこと」を強く浮き彫りにしたと言うこと。

簡単に概要だけ。
とあることで私の精神状態はどん底まで落ち込んだんですが、そのことでいろいろとグジグジ悩んでいる時に、そういう人がよくやるのと同じように、やっぱり私も自分自身の内面と向かい合ったわけでして。
その際、浮き彫りになったことが「自分のしたいこと」。
私にとってのそれは「絵を描くこと」「絵を観てもらうこと」。
私は描いた絵を観てもらいたいから、絵を描いていたんだと、その時、改めて思い知りました。

この時、同じように今更ながら気がついたことが一つ。
それは、それらを実現するために、このハコノナカミが在ると言うこと。
私はここを捨ててはいけないんです。
ここはある意味、私の必要とするものが、すべて揃い得る可能性のある場所。
必要なのは「行うこと」。


この答えに行き着くために、今回の件はきっと必要でした。
ハコナカ消失さえも、おそらく必要なことだったと思います。
不思議なことに、このことを考えさせられるような、この答えを考えるのを導くような出来事・言葉というものが、ここしばらく私の周りには溢れていました。
「考えていたからこそ、目についた」「意識にあるからクローズアップされる」というのが普通なのでしょうが、あえて私はこれを『兆し』『導き』と受け取ることにしました。


私の『在り方』を顕在化するきっかけとなった方、顕在化の導き手になった方々、ご本人方は与り知らぬ所でしょうが、心から感謝させていただきたいと思います。


齢30過ぎにしてようやく『在り方』が、自分の中ではっきりした(気がしている)わけですが、この後「どうなるか」「何になるか」は私の行動次第でしょうね。
何かを成せるのか、形を残せるのか、何者になれるのか。
当然、何も変わらないかもしれませんが、それは『在り方』についてくる結果の話。
結果がついてくるのが、そりゃあ一番いいことかもしれないけれども、私の中の「ハコノナカミ」は結果のためにあるのではなく、私が私で在るために存在しているのです。
少なくとも、今はそれでいいと思ってます。


こんな風に、私自身の『在り方』というものには、答えらしきモノが出たんですが……実はきっかけとなった悩みの方は、自分の中で何ら解決していなかったりします。
ですから、心理的には不安定なまま。
日常生活には支障はありませんが、ふとしたときに、辛さがぶり返しますね。
まぁ、仕方がないですが。


心情的には、こんな混沌とした精神状態ですし、この件の気持ちの整理が付いてから、ハコナカ復帰をしようと思ってたんですが、これはこれ、それはそれと切り離して、復帰に踏み切りました。
この再スタートは、何か事が起こるのを待ってするのではなく、自らが切り出さないといけない、そんな気がしたのです。


ただの独り言です。
ほんとに気にしないように。
posted by JUSTIZ at 19:47| Comment(6) | TrackBack(0) | めもめも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お帰りなさい^^
Posted by ラベンダー at 2007年05月06日 22:50
お・か・え・り o(^o^)o
 
Posted by しろくまシロちゃん at 2007年05月07日 00:34
>らべんだーさん・しろちゃんさん

ただいまです。
ご心配おかけしました。
Posted by ゆーす@復帰 at 2007年05月07日 02:11
お帰りなさい(^ー^* )
Posted by ちゃちゃ at 2007年05月07日 04:58
お帰りなさい、あなたが戻ってくる時をお待ちしておりました (o^−^o)


先ずは、私の前回の非礼(質問)を、もう一度お詫びたく・・・本当にごめんなさい m(_ _)m 本来、あの様な人を試す質問は、決して仮想の世界で、投げ掛ける言葉では無いのです・・・それを解っていて、私はあなたに、柔かい言葉に摩り替えて、ワザと問掛けました。


実際、私の言葉は、全く影響すら無かったのかもしれませんが、例えどんなに取るに足らない小さなきっかけであったとしても、ゆーすさんが、深く深く模索と自問自答を繰り返し、こうして記事として、結晶化して、誠実な応えを出してくれた時、私は何故あの様な質問をしたのか、告白しようと決めておりました。






 愛の告白を・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ※嘘です、本当に怒らないで下さい(涙) ていうか、此処で本気で怒らせてしまったら、万一現実に会う様な機会があった時に、土下座をせねばなりませぬ_| ̄|◯



 私が思うには・・・・・




 思いは・・・・・強固な状態を保ち続ける事だけが、全てではありません。


 目標は・・・・・黒か白か、ハッキリと明確に表さねば、持つ事を許されぬモノではありません。




 どれだけ遠ざかって見えても、どんなに道が狭く感じても・・・ゆーすさんが求める宝物≠ヘ、願い始めた時から、ずっとずっと離れずに、あなたの奥で、あなたと共に生きている・・・・そんな気がします (*^_^*)

 きっと、ゆーすさんの気持ちにシンクロして、常に色や形を変え続けているのです。 一度だって、潰えておりませんし、一度だって終わったりすらしておりません。



齢30を過ぎたならば、その倍にあたる60を通り越しても、絵を書き続ける姿勢でいてくれますか? (o^−^o)  


今、糸が絡んでしまっても、これまでずっと紡ぎ続けた糸は、決して取り替えたりせず・・・・ゆっくりと焦らずに解いて、先に続く同じ糸を、これからもずっと紡ぎ続けてくれませんか? (人^−^o)


見守る事以外、何一つの取り柄も無い、バカな私ではありますが、時間の許す限り、遠き場所から、ハコノナカミを見届け続けたいと思います (o^−^o)


・・・相変わらず、最後まで意味の通じ難い文章、申し訳ございません (´∀`;)
Posted by ひめけい at 2007年05月08日 06:38
>ちゃちゃさん

ただいまです。
ご心配おかけしました。


>ひめけいさん

ただいまです。
ご心配おかけしました。
……って、「見ても気にしないように」って言ったでしょうがーーーーーーっ!(笑)
今回の私の低空飛行は、ひめけいさんの質問は原因となっていないので気にしないでください。
その間のたくさんあった「思考の導き手」の一つですので、助けにこそなりましたが、迷惑にはなってませんのでご心配なく。質問には、また改めて。
後、今回の私の意志決定は、プロセスこそアレですが、元々本当にやりたかったことを気合い入れてやるってことですから。
別に思い詰めての事じゃないですよ(^-^)
で、コメントが記事になっちゃってますので(笑)、もうちょっと短めにお願い出来ますかね?
あくまでコメントですし、他の人もいますから(^-^;
Posted by ゆーす@あげさげ at 2007年05月09日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック